風間敏臣選手のマストバイアイテム

風間敏臣選手のマストバイアイテム

“FIGHTERS STANDで今、これを買いたい!”を選手に聞いてみる「マストバイアイテム」企画の第一回目は風間敏臣選手。

風間敏臣(MMA/柔術・和術慧舟會HEARTS所属)
柔術家時代は、階級を気にせず軽量級ながら無差別に参戦し、常に一本を狙うスタイルで多くの観客を魅了した。一昨年、総合格闘家に転身を決意し、わずか半年でプロデビュー。デビュー戦ではベテランを相手に健闘するものの敗戦。その後は3連勝中。今年はMMAに活かすため柔術の大会にも参戦したいと考えてるそう。

風間敏臣選手のマストバイ(1)

Nalgene 広口0.5L Tritan(トラウトグリーン)
「(練習中)これで水を飲んでたら格好良くないですか。オシャレぶれますよね。」

 

風間敏臣選手のマストバイ(2)


aby VHTS bubblegum(SKY BLUE)
「VHTSのabyシリーズは、とにかくコスパがいいですよね。使いやすくて、練習でも試合でも着れるので好きです。今回のはカッコカワイイし、青色が好きなんで、かなり好みです。」

 

風間敏臣選手のマストバイ(3)

 

adidas 本皮 スピード165 WAKO公認 ボクシンググローブ(BLACK/WHITE)
「このグローブ格好いいですよね。こういうのは見せびらかしたい。リュックからも見えるようにして歩きたいです。格闘技やってますって。あれっ、なんか僕、見られることばかり気にしてますね(笑)」

 

More posts

アダム・リスター x VHTS コラボレーション柔術着の紹介

アダム・リスター x VHTS コラボレーション柔術着の紹介

2021年12月3日17:00発売発売前から話題になっていた「ADAM LISTER(アダム・リスター)x VHTS」のコラボレーション柔術着が入荷しました。 アダム・リスターは、ピクセルアート作品が世界的に高い評価を受ける、ニューヨークを拠点に活動している、今注目のポップアーティスト。 作品はInstagramでチェックしてください。https://www.instagram.com/adamlisterstudio/ さて、気になる今回の道着ですが、ベースとなるカラーは独特の色合いの3種で展開されてます。 BLUE GREEN BROWN ジャケット、パンツ共にアダム・リスター氏の作品が多く散りばめられてます。 VHTSのロゴもピクセルスタイルで表現されてます。 ジャケットの背中部分にVHTSのロゴがGELプリントされているのも特徴的です。 付属するトートバッグは、W380mm x H400mm x D20mmと大容量で道着が2着は入るサイズとなっています。どの道着もバッグこの色となります。 重さを計ったところ、ジャケット:1034g、パンツ:493gと、最近の標準的な重量でした。 ぜひ皆様の道着コレクションの一つに加えてみてはいかがでしょうか? 商品のご購入はこちらから
JHOOD「CMG」ラインに新商品

JHOOD「CMG」ラインに新商品

背中のグラフィティフォントが象徴的なJHOODの新作CMGライン。11/8にラッシュガード2種が追加されました。今回は新作に加え、コラボアーティストの紹介をさせていただきます。 本作のデザインは、韓国のグラフィティアーティスト「hexter.90」なる方とJHOODのコラボ作品。 @hexter.90より英語に加え、韓国語や日本語も駆使したグラフィティアートは、かなり秀逸な作品ばかり。しかもインスタを確認する限り、かなりのイケメンだ笑。 作品はインスタでぜひチェックしてください。 それでは、2種類の新商品紹介をさせていただきます。まずは、ロングタイプのラッシュガード。 フロントはシンプルにJHOODロゴのみの配置。バックは、今回の象徴となるグラフィティ。ちなみに、このグラフィティの意味をブランドに問い合わせたところ、有名な提督の名言で「急いで行動しないで、山のように落ち着いて」と書かれていて、それは柔術のスイープとパスガードの動きを比喩した文章だそうです。サイドは脇下〜裾までメッシュ素材を使用することで、汗を逃がし対応調節するとともに、ストレッチ性を高め締めつけ感を軽減させています。使用している生地も軽くて柔らかいので、着心地は抜群です。左腕にはsweep、右腕は23-0とプリントされています。もちろん、この季節から大活躍ですが、厚手ではないので、通年使用できるラッシュガードです。コラボ作品ながら、価格も5,500円(税込)と他ブランドと比べてもお買い求めやすいのもオススメポイントです。JHOOD CMG Long Sleeve Rash guard 基本的には、先程紹介したロングタイプと同じデザインや素材です。ブラックボディに袖部分がホワイトを使用しているのが特徴的ですね。こちらも価格は4,800円(税込)とリーズナブルです。JHOOD CMG Short Sleeve Rash guardスタイリングの提案としては、MMAやグラップリングのトレーニングで使用する場合はファイトショーツはブラックでシンプルなデザインのファイトショーツやスパッツを合わせると良いと思います。柔術着のインナーとして使用する場合は、ブラック、ホワイト、ネイビーなど主要な色の道着にはどれも合うと思います。 このブログ書いていたら、ちょうど井出選手が提案どおりのコーデをTwitterにあげていたので、写真を拝借。ここ数年、韓国ブランドのファッションが世界的にも評価されてます。強さの象徴であり、スタイリッシュなイメージを醸し出すモノトーンコーデで活躍してくれそうな2種類のラッシュガードをぜひご着用ください。
adidas CHALLENGE2.0が練習着に最適な7つの理由。

adidas CHALLENGE2.0が練習着に最適な7つの理由。

adidas CHALLENGE2.0が「なぜ練習着に最適」なのか?1. 洗濯、乾燥がしやすい。柔術を始めると、難点なのが日々の洗濯ですね。この道着は綿60%:ポリエステル40%の混紡なので、綿素材の縮みやすく型崩れし易いという短所をポリエステルがカバーするので、洗濯、乾燥がし易いのが特徴です。 2. 通気性をカバーする。綿の長所である通気性の良さも綿とポリエステルの混紡ならポリエステル100%の商品よりも大きく優れるので、練習での汗の染み込みの不快感を軽減してくれます。また、綿の比率が高いことから風合いは綿に近く、肌触りも問題ないかと思います。 3. ジャケットが軽量。毎日の持ち運びや着用のストレスを軽減してくれる軽量設計です。柔術着のジャケット生地の重さ(厚さ)で主に使用される単位は「GSM(Grams per Square Meter)」です。主に柔術着では350〜500GSMが一般的で、この道着は335GSMと少し薄手タイプになってます。数値だけ見ると薄手に感じますが、実際に練習で着用している黒帯のユーザーに感想を聞くと「耐久性も着心地も問題ない」との感想をもらってます。 4. 縮み防止加工済み。練習〜洗濯の繰り返しだと気になるのが縮み。この道着は最近多くの柔術着が採用しているようにジャケット、パンツともに防縮加工が施されてます。 5. パンツはリップストップ生地を使用。こちらも耐久性や軽量化を目的に、多くの柔術着が採用している生地です。リップストップとは、その名の通り、「裂ける(Rip)」ことを「食い止める(Stop)」効果があり、破れたり、ほつれたりしにくいため軍モノなどでも多く採用されてます。 6. シンプルだからパッチで遊べる。機能的なことではありませんが、柔術の楽しみのひとつが道着にパッチをつけることです。シンプルなデザインなので、好きな場所にパッチやプリントをして自分のお気に入りを作りやすいです。※写真のパッチは私物。 7. 価格がリーズナブル。柔術は他のスポーツに比べて道具などを使用しないため、比較的コストは低いですが、柔術着は高額なものも多いですね。練習頻度が多く2着、3着持ちを考えると嬉しい価格設定となってます。 <余談>個人的には、黄色のラインテープがポイントになっていて好きです。 adidas...